終業式&受賞伝達

12月24日(火)

受賞伝達では、砺波地区中学校美術展や部活動での成果が紹介され、井波中全体の盛り上がりを感じました。

3名の生徒発表では、仲間と切磋琢磨することの大切さや、リーダー以外の立場でも責任をもって行動すること、「一隅を照らす人になる」という目標をもつこと等の発表がありました。

校長先生の式辞では、2学期の学校行事を皆でやり遂げたこと、普段の「ありがとう」の声かけが広がっていること等、確実に井波中の学校力が高まっていると話されました。その一方、「主体性を発揮して行動できましたか?」と問いかけてくださり、新年に向けて心新たに臨むよう、励ましてくださいました。

コーチによる合同部活動

12月19日(木)

1・2年生は2名のコーチの指導の下、体育館で合同部活動を行いました。

運動部だけではなく、吹奏楽部の生徒の体力向上も目指し、サーキットトレーニングやラダー・ミニハードルを使ったトレーニング等、分かりやすく教えてくださり、1時間があっという間でした。

12月の生徒会の取組

12月17日(火)

12月にふさわしく、生徒玄関にクリスマスツリーが設置され、明るい雰囲気づくりに一役かっています。

各学年廊下にも、生徒が自由に意見を投稿できるアイディアボックスが置かれ、「明日も早く登校したい」と思える井波中になるよう、生徒会執行部が工夫を凝らしています。

 

 

「社会に学ぶ『14歳の挑戦』発表会」

12月3日(火)

事業所や保護者の方々をお招きして、「14歳の挑戦」発表会を行いました。

プレゼンテーションソフトや寸劇等を通して、見てくださる皆さんに楽しんで頂けるよう、工夫を凝らした発表が多く見られました。

また、1年生も参観し「14歳の挑戦」への見通しがもてました。

箏の演奏会

11月29日(金)

11月から2年生の音楽の授業で、箏の奏法を講師の方々から教わりました。最大5人でチームを組み、曲を決めて練習に励んできました。その成果を発表するため、保護者の方々もお招きして、発表会を行いました。

生徒発表の後、講師の方々の演奏が披露され、その美しい音色に深く聴き入りました。