始業式&受賞披露

8月28日(水)

3名の生徒発表では、英語検定に挑戦したこと、父からもらった言葉で「何事にもプラス思考で取り組んでいこう」と奮起したこと、オーストラリア研修で出会った人から学んだこと・感じたことを話しました。

校長先生の式辞では、剣道・全国大会での選手達の立居振舞いから「時と場に応じて、自らの判断で最善の行動を起こすこと」を話されました。「その主体性をもって、誰よりも先に挙手して意見を述べたり、高い目標を目指して挑戦したりするなど、謙虚になりすぎず、人任せにならず、失敗を恐れず、そして恥ずかしがらず、たくましく行動する2学期を望みます」と、勇気付けてくださいました。

受賞披露では、清流展や部活動の北信越大会での成果が紹介され、他の生徒の励みになりました。

  

国際木彫刻ボランテイア

8月19日(月)~27日(火)

4年に一度の「南砺市いなみ国際木彫刻キャンプ」が開催され、井波中生は作家の皆さんの作業場を清掃したり、会場のプランターの水やりをしたりと、運営に協力しました。

同じ会場で、3年生の「総合的な学習の時間」観光・交流コースのメンバーが、木くず工作やスタンプラリーを企画しました。「地域への感謝を伝える」ことを目的として、キャンプ会場で楽しんでもらおうと、工夫を凝らした活動を しました。

資源回収

8月7日(水)

本年度も生徒会交流委員会が中心となり、資源の有効利用や地域福祉への貢献を目的として、資源回収を行いました。

ご協力いただいた地域の皆さん、PTAの方々、誠にありがとうございました。

地域の達人に学ぶⅡ

8月2日(金)

地域の第一線で活躍する、写真やクラフトバッグ作りの達人に学んだ様子を紹介します。

写真コースでは、伝統が息づく井波の町並みを撮影しました。

クラフトバッグ作りコースでは、デザインを工夫して、オリジナルバッグを作りました。

地域の達人に学ぶ

8月1日(木)

「地域の第一線で活躍する芸術や歴史の達人に学ぼう」と、生徒それぞれが希望する先生に習っています。これまで木彫、陶芸、古銭・勾玉・ガラス玉作りを通して、達人の方々の技や知恵に触れ、貴重な体験をさせていただきました。これから、写真やクラフトバッグ作りの達人にも、お世話になります。

 

木彫では、お盆にそれぞれが好きな絵を刻みました。

陶芸では、「日常生活で使える器」を作りました。

古銭・勾玉・ガラス玉作りの体験を通して、古代の生活に思いを馳せました。

 

高齢者宅お手伝い訪問

7月31日(水)~8月1日(木)

ボランティア活動の一環として、地域に住む高齢者の方のお手伝いに、お宅を訪問させていただきました。

窓ふきや清掃、草むしりを通して喜んでいただけたことが、何よりのやりがいとなりました。